インプラントはデンタルフロスでケアを|マルマルゴシゴシキレイな歯

女性

隅々まで綺麗にできる

模型

そもそもデンタルフロスとは何なのか、名前は知っていても理解出来ていない部分が多いでしょう。デンタルフロスは、フロスという特殊な糸を使い、隙間に詰まっている汚れを効果的に除去するものです。また、歯周うポケットを中心に掃除ができるので、歯周病対策に使われることが多いです。歯科衛生士もブラッシングの後や食事を済ませた後にデンタルフロスの利用を促しているため、使う意味は十分あるといえます。また歯のケアに力をいれる海外では、普通に使われているため、日本人も歯を大事にする意味で積極的にデンタルフロスを活用すべきといえます。

デンタルフロスは、左右に動かすことで歯石を除去しますが、この方法よりも簡単にケアができるのが歯間ブラシになります。斜めに差し込み、ゴシゴシするだけなので始めてでも手軽に歯間ケアができるようになります。しかし、この場合は歯間全体の掃除が出来なくなるため、デンタルフロスが欠かせなくなります。歯の表面は、水平になっておらず少し段差があります。そのため、糸を使い歯に沿わせることが根本的な除去に繋がるため、歯周ポケットへ隅々と届けるためにもデンタルフロスは欠かせないアイテムになるのです。またデンタルフロスは、歯間ブラシのように歯肉を傷つけることがないため、負担が少なく済みます。刺激するようなケアものちに歯茎後退へ繋がるため、優しく掃除をするためにも積極的にデンタルフロスを使っていきましょう。